ジンギスカン・豚丼の通販 〜かんの精肉店【北海道十勝】

北海道帯広市 かんの精肉店

十勝のポーク使用豚丼セット

豚肉へのこだわり

この豚丼セットの豚肉は、十勝中札内村産(株式会社ヒュース)の「十勝野ポーク」を使用しています。その美味しさの秘密は飼育法にあります。
食べる人の安全と、豚の健康をとことん考えられた環境で育つことで、脂身が甘く柔らかい良質な肉になるのです。その良質な豚肉を、豚丼に適した厚さにスライスし、かんの特製豚丼のタレとセットにしました。手間と愛情が注がれた、ジューシーで柔らかな豚肉をご堪能下さい。

渡邉俊一さん

生産者の渡邉俊一さん

十勝のポーク豚丼

タレへのこだわり

肉を知り尽くすかんの精肉店が豚丼用に開発したオリジナルのタレは、どこか懐かしさのする味わい。たまり醤油に5種類の甘みをブレンドすることで、コクがあるのにしつこくない、さらりとした風味に仕上がっています。
和食を学んだ2代目が鰻のタレをヒントにセンスと経験を活かして作り上げたタレは、炒め物にも活躍してくれそうです。

豚丼のタレ

豚丼のタレ

購入はコチラ↓

お肉の安全性

金属探知機による検査

かんの精肉店では、すべての商品に対して金属探知機による検査を実施しております。
食肉の安全管理に努めて、安心安全なお肉をお届けいたします。

購入はコチラ↓

豚丼の作り方

豚丼の作り方1

1.フライパンに油を注ぐ

油の入れすぎには注意してください。

豚丼の作り方2

2.お肉を焼く

お好みのサイズに切った後、強火で焼き目が付くまで焼きます。

豚丼の作り方Point2
短い時間で、表面に焦げ目がつくまで焼き、旨みを閉じ込めます。
豚丼の作り方3

3.タレを入て、からめる

弱火にした後、適量のタレを回し入れる。

豚丼の作り方Point3
タレが焦げないように弱火にして、肉にタレを染み込ませます。
豚丼の作り方4

4.盛り付け

ごはんの上に、バランスよく盛り付けます。

豚丼の作り方Point4
最後に、フライパンに残ったタレを回し入れます。
豚丼の作り方5

5.完成!

お好みで、紅生姜やグリンピースを乗せたら完成です。

豚丼を食べたお客様の声

豚肉がとても柔らかく、味もしっかりしていて、とても美味しかったです。
余ったタレで、野菜炒めや炒飯を作ったんですが、それも美味しかったです!このタレはいろんな料理に使えそう。

(30代/北海道/女性)
購入はコチラ↓

豚丼セット 原材料

商品名 豚丼セット
タレの原材料名 みりん、醤油、たまり醤油、砂糖、水飴、オリゴ糖、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
原材原産地名 豚肉(十勝中札内村産 十勝野ポーク)
内容量 豚肉 280g×2(大きさにより異なるため12〜14枚)
タレ 350ml
保存方法 豚肉 要冷凍(-18℃以下)
タレ 直射日光を避け、常温で保存
賞味期限 豚肉 冷凍で約2ヶ月、冷蔵で5日
タレ 製造から180日
製造者 (有)管野精肉店
購入はコチラ↓

商品情報

豚丼セット(4〜6人前)

【価格】 2,808円(税込)
【数量】

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

ジンギスカンセット

かんの精肉店について

美味しいジンギスカンの食べ方

商品カテゴリー

かんの精肉店のお店情報

カートの中身を見る

カートの中身を見る

携帯からも買える モバイルショップ